売り込まなくても自然に売れ出す「共感営業メソッド」を使えば
「売れる!」「楽しい!」営業・販売スタイルが実現します。

※「共感営業」 は、長谷部あゆ(前川あゆ)が代表を務める 株式会社Shuka Berry の登録商標です 。

大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル

  1. たかみず 保江さん

たかみず 保江さん

売れる販売員が新人のために書いた接客・販売の教科書

売れ続ける販売員になるための「あきらめないこころ」のつくり方

◎トップ販売員の「一流のノウハウ」が独学できる本

 

販売員の離職率は高く、多くの人が実績を出せないことに悩みながら入社3年未満で退職してしまいます。

加えて、販売員の教育はほぼ行なわれず、「本人任せ」になっているのが現場の現実です。

 

本書は、販売実績が伸び悩んでいる20代、30代の女性販売員向けに、

婦人服の販売競争が最も激しい新宿のデパートで売上1位を10年維持、年間1億円超を売り上げたトップ販売員が、

出勤前の心構えからお客さまへのアプローチ、お会計・お包み・お見送りまで、

接客する時のしぐさ、振る舞いを含めた行動ポイントを、販売の一連の流れのなかで解説する本。

 

店長や先輩から指導を受けるチャンスがなくても、職場に相談相手がいなくても、大丈夫。

本書を読めば、一流のノウハウをこっそり独学できます! 

 

≫Amazonで購入する



単行本(ソフトカバー):170ページ / 出版社:日本実業出版社 / 発売日:2016/11/3

売れ続ける販売員になるための「あきらめないこころ」のつくり方

売れ続ける販売員になるための「あきらめないこころ」のつくり方

売れ続ける販売員は、「最後まで自分をあきらめないこころ」を持っている!

販売の仕事をしている方なら、誰もが一度は「安定して売れ続ける販売員でいたい」と願ったことがあるでしょう。

しかし、このような思いが強ければ強いほど空回りして、思いとは逆の結果となって表われることが多々あります。

そのようなときは、「こんなはずはない」「私はもっと売れるはず」とこころのどこかで思いながらも、自分自身にがっかりするものです。

 

自身もそのように悩んだ経験を数多くしながらも、著者は販売の現場で「あきらめないこころ」をいつも持ち続け、長年個人売上げ、店舗売上げの記録をつくり続けてきました。

「あきらめないこころ」とは、お客様や同僚に対するものではなく、自分のこころが折れそうになったり、嫌になって投げ出したくなる自分自身の気持ちに屈しない“負けないこころ"のこと。

 

本書では、大手アパレル会社で婦人服を1日最高100万円売る「カリスマ販売員」だった著者が、現場で毎日実践していた考え方やノウハウを教えます。

実践すれば、「最後まで自分をあきらめないこころ」を身につけ、「売れ続ける販売員」になれる1冊です。

 

≫Amazonで購入する



単行本(ソフトカバー)224ページ / 出版社:同文舘出版 / 発売日:2014/5/30

研修・講演ご依頼、お問い合わせ、マンツーマンサポートお申込みはこちら

お問い合わせはこちら

  • 営業や販売員がどんどん売ってくれる会社にしたい!
  • お客様満足度の高い営業組織をつくりたい!
  • 女性客への売り方を知りたい!
  • 個人のブランディングをしたい!

まずは、御社やあなたの課題やミッションをお聞かせください。

私にできる、御社にちょうどいい研修内容やサポートプランを提案します。


株式会社Shuka Berry

☎ 050-3369-1667 電話受付/9:00〜18:00

株式会社Shuka Berry 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9階[アクセス]


ご依頼・お問い合わせマンツーマンサポートお申込み